週末のはなし。

以前一緒に働いていた同僚が亡くなりました。
急なことだったようです。
あまり突然で、実感の湧かぬまま土曜日にお通夜。
あんなに沢山の弔問客が泣いている葬儀を見たのは
はじめてかもしれません(身内は別として・・)
思うことは沢山あるけれど、その思ったことを大事に生きていこうと思いました。

帰り、仲間みんなで泣いていたら一人の人の靴の底がヒールごとボロっと取れました。
なんだか皆が笑い出して、最後は泣き笑いになりました。
誰かが「こんな時は誰よりも大きな声で笑う人だったね」と言い、
“きっと彼女がそうさせたんだ”って、皆がなんとなくそう思ったようでした。
ヒールのとれた彼女には悪かったけど・・
こころが少しラクになれた気がしました。
きっとみんながそうでした。
[PR]
by tomawari-nikki | 2005-10-17 15:52 | つぶやき
<< 色づいてます。 ノートの1ページめ。 >>